続:nginx キャッシュファイルのパーミッション

先日、nginxのキャッシュファイルのパーミッションが原因でCGI等から削除できないといった事をゴニョゴニョと書きましたが、、、

モヤモヤしてしまったので、ちょっと悪あがきしてみました。

キャッシュディレクトリにデフォルトACLを設定して、新しく作られるファイルに特定ユーザーのアクセス権限を与えてやる方法

・・・だめですた( ^ω^)・・・

頑なに700のディレクトリと600のファイルが作られます。

ACLをグループにしてやってもだめ。

 

次に、nginxのプロセスユーザーのumaskを000に変更してやる方法

・・・だめですた( ^ω^)・・・

 

nginxさん頑なです。

素直にcache purgeモジュールを組み込めって・・・?

いちいちバージョンアップの際にコンパイルしなおすのまんどくさい( ^ω^)・・・

 

うん、現状、yumで入れたnginxにはプロセスユーザーとDocumentRootを揃える方法しか無理そうです。

 

こんな書き込みを見つけました。

どうやら定数 NGX_FILE_DEFAULT_ACCESS  で設定されている様子。

コンパイルしろってか、、、( ノД`)

 

ひとまずそんな感じです。

どうせコンパイルし直すなら、モジュール入れるよりcreateの時に上書きするオプションでも追加してコンパイルしようか

 

今の所そんな感じみたいです。

私しか管理していないので放置ということで( ^ω^)・・・